西陣に住むデータ分析屋のブログ

折れ線型回帰分析。非線形回帰としてのスプライン1

折れ線型回帰分析。非線形回帰としてのスプライン1

線形回帰は汎用性が高く、モデルの解釈もしやすいとあってよく使われます。 しかしデータの間に直線関係=比例関係があると考えるのは最も単純な仮定です。 以前の記事では一次式でなく二次式以上の多項式を使うことによって直線ではな続きを読む折れ線型回帰分析。非線形回帰としてのスプライン1[…]

Rで多項式回帰するときに使うpoly関数のオプションrawの働きと多項式の直交性

Rで多項式回帰するときに使うpoly関数のオプションrawの働きと多項式の直交性

Rで多項式回帰をするとき、モデル式を作るためにpolyという関数を使いました。 poly関数は変数と次数を与えると、その次数の多項式モデルを返してくれる関数なのですが、我々が普通にイメージする多項式回帰を行うためにはオプ続きを読むRで多項式回帰するときに使うpoly関数のオプションrawの働きと多項式の直交性[…]

多項式回帰入門。線形回帰に飽きたらない人へ

多項式回帰入門。線形回帰に飽きたらない人へ

『回帰分析』と言えば線形回帰を指すのが一般的です。 線形回帰とは得られたデータの列のど真ん中に直線をエイヤと引くことでデータのモデルを作ること、文字通り『線』を使う分析技術です。 線形回帰は汎用性も高くモデルの解釈もしや続きを読む多項式回帰入門。線形回帰に飽きたらない人へ[…]