西陣に住むデータ分析屋のブログ

M1の審査員の採点が適正だったのか異常検知により分析する

M1の審査員の採点が適正だったのか異常検知により分析する

先日開かれたM1において一部の審査員の採点に問題があったのかどうかについて話題になっているそうです。 たまたま私が最近異常検知という分析手法について勉強しているところだったので、これを使って審査員の採点が異常であったかど続きを読むM1の審査員の採点が適正だったのか異常検知により分析する[…]

【ggplot備忘録】棒グラフでdodgeとstackとを同時に行う方法

【ggplot備忘録】棒グラフでdodgeとstackとを同時に行う方法

ggplotの棒グラフは便利ですね。 position変更するだけで棒グラフの見栄えを簡単に切り替えられます。 特にdodgeがユニークな見せ方でカテゴリ間で比較ながらx軸間で比較したいときに役立ちます。 さて、この便利続きを読む【ggplot備忘録】棒グラフでdodgeとstackとを同時に行う方法[…]

Rを使ってGoogleトレンドからデータをガバっと引っこ抜く(gtrendsR)

Rを使ってGoogleトレンドからデータをガバっと引っこ抜く(gtrendsR)

GoogleトレンドはGoogleを通じてある単語がどの程度検索されているかを調べられるサービスです。 こんにち話題になったテーマがGoogle検索されないことはありえません。 検索はその回数で定量的に測ることができます続きを読むRを使ってGoogleトレンドからデータをガバっと引っこ抜く(gtrendsR)[…]

ShinyでselectInputの選択肢を制御データから動的に生成する

ShinyでselectInputの選択肢を制御データから動的に生成する

Shinyでプルダウンメニューを表示するためにはselectInputを使います。 このときの選択肢はオプションchoicesで設定します。 通常はこのようにui.Rの中で設定しますが、server.Rで持っている制御変続きを読むShinyでselectInputの選択肢を制御データから動的に生成する[…]

昔の話。肩をすくめるアトラス1部

昔の話。肩をすくめるアトラス1部

最近本を読んでいて、ふだん僕はそういうことはないのだけど、鮮やかに、昔の記憶が思い出された。 高校生のときのこと。 その日の最後の授業が終わってみんなが教室から出ていったあと、僕は一人で残って何かの勉強をしていた。 その続きを読む昔の話。肩をすくめるアトラス1部[…]